詩書家「書き心」春流・破留(ハル)TOP > 春流・破留(ハル)の紹介・経歴

「書き心」とは
  • 「書き心」とは
  • 「書き心」春流 破留
  • 実績・経歴

春流・破留(ハル)の紹介・経歴

「書き心」詩書家 春流・破留(ハル)

名前(雅号)の意味・由来

“優しさ”と“強さ”

生き様と作品で、この2つを追求し続ける人生を歩みたい。
“ハル”にはその意味を込めて、2つの名前がある。

「春流」と「破留」
※ 春流(ハル)…春の小川の流れのような「優しさ」「安らぎ」がテーマ。
※ 破留(ハル)…自身の心 の留まりを破るための「強さ」「激励」がテーマ。

プロフィール

幼少期よりスイミングクラブと書道塾へ通う。
水泳では、ジュニアオリンピック3位入賞。
書道では、文部大臣賞受賞。
「水泳」と「書道」を続ける中で『今しか出来ないこと』を選択。
大学では競泳一本にしぼり、五輪出場を目指す。
日本選手権出場。アテネ五輪選考会で引退。

『乗り越えた先にしか見えないものがある』を実感。

そして引退後、再び書の道へ。

現役スイマーの時代に、春流・破留(ハル)はアメリカ合宿へ行く。そこで外国人に手紙(筆ぺ んでその人のイメージを書き、解説の英文を添える)を贈り、感激して頂いたことから「日本の 伝統文化、書道・漢字の素晴らしさ」を体感。多くの方々と出逢い、自分の詩・書を通じてそ の素晴らしさを伝えたいと想い始める。

2006年より、現在の詩・書活動(書道パフォーマンス・実演、個展、題字制作、看板制作、デザイン等)を始める。

ブログ:『書き心』 ~春流・破留(ハル)~